記事一覧

子どもたちとママとのチクチク会

今日は、大村のアロモニアさんでの布ナプキンチクチク会でした。たくさんの赤ちゃんや子どもたちと一緒で、すっごく賑やかで楽しい会でした。皆さん、素敵に子育てを楽しんでいる方々。こんな忙しくても、キラキラ笑顔のママたち。すごいね!エネルギーみなぎってました。いろんな、話題が出たり、涙あり、笑いありで、あっという間の3時間でした。

銀次さんがやってくるよ!

銀次さんが新しいアルバムを抱えてやって来てくれます。そのアルバムの中にはきくちゃんの曲が入っています。きくちゃんが20代の時に、まだ声が出た頃にお母さんに呟いた詩。「虹」その詩に伊藤銀次さんが曲をつけてくださいました。人生って面白いね。6年前に出逢った、私ときくちゃん。教師だった私にとって、最後の生徒。52歳だったきくちゃんにとっては、産まれて初めての先生。きくちゃんは大きな発作が出て、人工呼吸器をつけるようになったことで、声を失いました。自分では、指一本動かすことができません。でもね、すごく豊かな感性で、たくさん私たちに語りかけてくれる。きくちゃんの詩は強くて、優しくて、ユニークで。勇気をくれる。

出逢いの日 〜新たな一歩〜

今日は、娘にとって、私にとってもすごく大きな変化、そして、出逢いの日でした。日々チャレンジ、日々感動!!このドキドキする感覚を忘れないように暮らしていきたいなぁ。この感覚を娘と一緒に感じることができることがうれしい。大きな一歩を踏み出す予感。さぁ、これから更なる出発です。娘たちの背中を見守りながら、応援団長になって、おっきな旗を振るつもり。私自身も、頑張るよ〜。